ガソリンスタンドの仕事とは

ガソリンスタンドでの主な業務

ガソリンスタンドでの主な業務はまず一つお客様への対応です。ガソリンスタンドに来店されるお客様の目的はやはりガソリンを入れることです。お客様に対してガソリンを入れたり、セルフであれば操作の説明を行います。またガソリンを入れる以外に灯油や洗車、車検など車全般に関するあらゆることも対応しなければならないため基本的には車に関する知識を習得しなければなりません。キャンペーンをお客様に紹介したりして利用数を増やすのも主な役割と言えます。

働くために知っておくべき防災の事

ガソリンスタンドで仕事を行ううえで知っておかなければいかない事がいくつかあります。車の知識はもちろんですが、それ以外に危険物ですので危険が起きた時の対策なども必須です。ガソリンや灯油は引火しやすいものであり、万が一引火した場合生命の危険につながりかねません。タバコを吸っているお客様に対して注意も必要ですし、起きた場合の対応方法を知っておく事も必要です。これらを知っておくためにはガソリンスタンドで仕事をするうえでかかせない危険物取扱者の資格があるので働く場合は事前に資格を取っておくことも有効です。

店長などの主な業務とは

店長にもなると先ほどのスタッフ以上に当然やるべき仕事も増えます。商売になるため売上がないといけませんので売上管理を行います。またスタッフを束ねシフトを組んだり的確な指示を出すことも必要になりますのである程度リーダーとしての資質がいります。売上を挙げるためのキャンペーンの企画や今の原油価格の確認、社会情勢を把握することが大切です。ガソリンスタンドはガソリン以外の洗車などといった利益率が高いサービスを行う事も大切ですので店長を目指す場合はあらゆる目線で仕事を行っていかなければなりません。

ガソリンスタンドでのバイトは就業時間の殆どを屋外で過ごします。そのため、寒冷地にある営業所で業務に就く際は入念な防寒対策が不可欠です。