工場内のアルバイトはどのような作業をするのか

ラインに入って製品を組み立てるという仕事が多い

バイトにはいろいろな働き場所がありますが、求人情報誌でよく募集されているのが工場内での仕事です。ただ、広告のスペースがあまりない場合、工場で働こうということだけが書かれていて、具体的な仕事の内容については記載がないということも珍しくありません。では、工場の仕事にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず、かなり多いといえるのが、組み立て作業です。ラインの中に入って製品を流れ作業で作るという内容が一般的です。

アルバイトが担当するのは先頭と最後尾の仕事

アルバイトがラインに入って仕事をする場合、当然、製品の組み立ての重要な部分はあまり任されないケースがほとんどです。たとえば、部品の半田付けなどは正社員かベテランのパート従業員が行います。では、アルバイトはどこを担当するのかというと、品出し、あるいは梱包の部分です。

製品を組み立てる場合、まずベースとなるケースなどをラインの先頭に置かないといけません。ケースは段ボール箱などに入っているので、ここから出すというのが仕事になります。

手先が器用でなくてもつとまる

梱包は品出しとは反対に、ラインの一番後ろで行うことになります。組み立てが完了した製品をビニールなどに包み、マニュアルなどの書類と一緒にケースの中に入れるというのが仕事になります。

品出しも梱包も極端に細かい作業は不要なので、手先が器用ではないという人でも充分につとまります。

ただ、どちらにも共通していえることですが、就業時間中はほとんど立っていることになります。なので、慣れるまでは足が疲れて大変でしょう。

製造工場ではライン作業での単純作業が多く特別な技術が必要ないために、工場の求人ではアルバイトの採用が多くなっています。