自分と子供との分離をしっかりと考えておこう

子育ての楽しさを感じよう

子供ができた時に、嬉しいという感情と、この子供しっかりと守り育て、大きくしていくというのが責任だというように感じた人は多いのではないでしょうか。子育てには責任が付きものではありますが、それ以上に楽しさというものや充実感というものを感じて、自分自身もともに精神的に成長することが出来るきっかけと感じることが大切です。楽しさとやりがいによって、親の顔も生き生きとしてきますし、それを見て子供も安心して成長できるということにもなります。

楽しい子育てと生きがいを同時に

子育てをしていると子供が小さなうちは、自分の時間などほとんどないというのが実情です。そんな中で子育てと生きがいというものを両立するというのは少々難しいと感じられるかもしれません。しかし、子育ての意義と、またやりがいというものをしっかりと感じていくこと、自分と子供というのは別の存在というように思っていくことが大切です。子供に対して自分が今何をしているのか、それがどういった意味があり成長に役立つのかというように自問自答しながら勧めていくことも大切です。

子供にどっぷり自分の人生を投影するのは避けよう

子供に自分の出来なかった夢ややりたかったことなどを、背負わせるというやり方は、自分自身は楽しいかもしれませんが、子どもにとって負担となる場合もあります。子育てと生きがいというものを考えると、子どもの人生と自分の人生はきちんと分けて考える必要があります。そのうえで、子供のために一番にどのようなことがよいのか、自分がこの先どのようにしたら幸せになれるのかということを、具体的に考えていくことも大切ではないでしょうか。

近年、専業主婦の割合は減少しています。働く主婦が増えています。家事に育児に、と忙しい主婦にとってフルで働くのは少々厳しい現状です。そこで主婦のパートの割合が増えています。